社員教育、何からはじめればいい?

仕事の技術をアップさせる教育

社員教育として、多くの会社で実施しているのは新入社員教育です。それまで学生だった社員を社会人として振る舞えるように教育をします。自社で行うほか、外部教育機関を利用するところもあります。新入社員教育はするものの、それ以降は特に社員教育を行わない会社が多くあります。中小企業だとそのための仕組み作りに悩むとk路もあります。そもそも何のために行うかが分からないところもあるでしょう。まずは仕事の技術、スキルアップを目指すための教育に取り組んでみましょう。OJTは現場で仕事をしながら仕事を覚えるとしてよく利用できますが、効率が良いとは言えません。合わないからと離職する人もいます。別途教育で技術を身につけさせれば、仕事に直結させられます。

指導すべき人の教育を行う

会社は組織で運営されています。社長などの役員がいて、その下に部、課、係などの組織に所属する人がいます。それぞれをまとめるのが部長、課長などの管理職やマネジャーと言われる人です。組織に求められている業務を、組織に所属する人に指示などをして運営していきます。大手企業では管理職教育が行われていますが、中小企業では行われないところもあります。成績がいいからや、年功序列で管理職が決まり、能力のない管理職のいる組織ができてしまいます。組織が機能しなくなり、会社にも問題が出てきます。そこで、社員教育では管理職教育を行うようにします。教育された管理職の元で仕事をすれば、会社が進むべき道なども管理職などから伝えられ、組織を一体化できます。

© Copyright Knowledge To Work. All Rights Reserved.